募集中
グランベリーは仲間を募集中です。
興味のある方はお気軽にお尋ね下さい。
● 店舗の運営に興味のある方
● カフェのスタッフ(ホール&キッチン)
● ネイルのスタッフ

2012年08月25日

壁のペイント

慣れとはおそろしいもので、壁をはじめて塗る時、
「これで大丈夫なの???」と、材料、塗り方、
すべてに不安を抱えながらの一筆目だったこと。
たった、一週間まえのことなのに、もう、忘れ始めていました。

そこで、備忘録的に、経過を残しておきます。

外壁にはまだ手をつけていませんので、
ここでの説明は、内装の壁に関する私なりの塗り方です。

私は、専門家でもないし、誰かに教わった訳でもなく、
いろいろな人に訪ねながら、調べながらなので、
真似してしっぱいしたからといって、私に文句をつけないでくださいね!

まず、内装用のペンキです。
今回、厨房の壁に使ったのは、カインズホームのPB塗料です。

バックヤードなので、あまりこだわらずに、コスト重視!
ちなみに、(私は、個人的にはpb商品は好きではありません。)

塗るために用意した資材は次の通りです。

ハケ 70mm
ローラー大
ローラー受け皿(ローラーが受けられるサイズ)
マスキングテープ(塗壁対応の良質メーカー製がオススメです)
布コロナマスカー(〃。マスキングテープに養生シートがあらかじめセットされているモノです。マスキングにとても便利!サンプルは屋外用。)
養生シート

といった感じです。
壁塗りなので、いずれも大きめのものが結果、便利です。
テープ関係は値段でなく、いいものを選びましょう。安いものは、つきが悪かったり、
逆に、つきすぎて、剥がす時に下地そのものを一緒にはがしてしまう悲劇に見舞われます。

さて、
塗り出す前に、まずは塗ろうとする壁面を乾拭き&水拭きしました。
壁は、見た目以上に汚れていることが多く、ススやゴミが付着していると、
それが塗りムラにつながるからです。

乾くにを待ちながら、塗ってはいけないところにマスキングをします。
テープ、マスカーを巧みに使用し、【丁寧】!に、マスキング処理します。
ここをいい加減にすると、いかにも素人な出来上がりになり、後悔することになり、あす。
とっても面倒ですが、とってもたいせつです。

このとき、電気のスイッチなどは、表面の蓋くらいは外した方がいいです。
マイナスドライバーを片手に、スイッチ盤の下を覗き込むと、小さな欠けが見えるはずです。
そこにばかりマイナスドライバーを軽くいれて、クイッっとこじると、一部がはずれます。
空いた隙間に少しづつドライバーを差し込み、徐々に外していきます。
ちょっと外れたからといって、一気にはずすと、フタを閉めておくための、
弱〜いプラ爪が割れて、やはり公開することになります。

次にいよいよ塗りです。
ローラー皿に、ペンキを出します。
まずは、コーナー部分や、デコボコ部分にハケでペンキをぬっておきます。
その後に、全体をローラーで塗ります。
最初からいっぺんに塗ろうとすると、必ず液だれします。
一度目は、軽く下地が見えるくらいにして全体塗りし、
軽く乾いたくらいになったら、二度目をぬります。
そうすると、ムラのない、綺麗な感じでぬれます。

この作業をひたすら続けると、あら、いがいと、この部屋って、綺麗じゃん!
という感動を手に入れることができます。
レッツドゥイットユアセルフ!





posted by bauzu at 00:48| Comment(0) | 改装作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。